面接をクリアしよう | セクキャバなど、夜のお店は全部お金が稼げるようになっています
menu

面接をクリアしよう

窓際にいる女性

夜のお店だからという謎の理由で面接を雑に受けてしまうような人が世の中にはいます。
つまり勝手になめてしまっているわけですね。
しかしそんなことをしてしまうと、どんな人も不採用になってしまうでしょう。
面接をする理由というのは、基本的にその人を採用しても大丈夫かどうかを見極めるためです。
だから非常識な人はどんな夜のお店であろうと、採用されることはありえないと思います。
これは一般的な職場においてもいえることでしょう。

そして面接を受ける際には、絶対に面接官の立場になった上で受けるようにしてほしいと思います。
例えばいくらほしいの?と面接で聞かれることがあります。
ここであなたには大きく2つの選択肢が現れるでしょう。
ひとつが謙虚に回答してみるという選択、そしてもうひとつが大金を稼ぎたいというアピールをする選択。
キャバクラの面接の場合は、もちろん後者の方が絶対にいい結果をもたらします。
稼ぎたいという強い意思を持っている人ほど頑張ってくれそう印象を面接官に与えることができるので、月収100万円以上稼げるようになりたいといっておくのがベストです。

また面接ではお酒が飲めるかどうか?といったことも聞かれると思います。
一般的にキャバクラの仕事はしょっちゅうお酒を飲むことになりますので、飲めると答えた方がもちろんいいです。
しかし苦手な人は、あまり飲めると嘘をつかない方がいいでしょう。
どうせあとからバレてしまいますので、苦手な人は正直に話すようにした方がいいと思います。
ちなみにお酒がどうしてもダメな人は、接客の際にこっそり水で薄めてもらうこともできます。