好きな方で頑張ろう | セクキャバなど、夜のお店は全部お金が稼げるようになっています
menu

好きな方で頑張ろう

カフェに居る女性

お金稼ぎをする際に一番頭を使わない方法は、セクキャバに入店して仕事を始めることだと思います。
ただセクキャバ以外にも、似たような雰囲気のお店としてキャバクラもあります。
だから今回は、セクキャバとキャバクラの具体的な違いについて紹介しておきましょう。

まずセクキャバというのはセクシーキャバクラのことです。
つまり普通のキャバクラとは違います。
基本はどちらもソファーの上で1対1でのコミュニケーションになりますが、セクキャバの場合はお客さんにどれだけ体を触ってもらうのか?といった感じになります。
セクキャバは別名お触りパブとかおっぱいパブとも呼ばれていて、お客さんとはずっと抱き合ったりするような状況が続くでしょう。

そしてその一方で、キャバクラの場合は基本的にお客さんと会話でコミュニケーションを取ることになります。
そのためお客さんから触られるといったことはありません。
むしろ触ること自体禁止されているので、キャバクラだったら多くの女性にとって安心して仕事ができると思います。

じゃあどっちを選んだ方がいいのか?
一見すると女性にとってはセクキャバよりもキャバクラの方が入店しやすく見えると思いますが、もし会話が苦手な場合はキャバクラの方がきつくなってくると思います。
基本的にセクキャバはほとんどお客さんとあまり会話することがないので、長時間うまく会話できない人はセクキャバの方がいいでしょう。
触られることにさえ我慢できればいいので、ある意味頭を使わなくていいセクキャバの方がラクといえばラクだと思います。
この辺においては完全に好みだと思いますので、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。